友人と群馬県内の資料館を回った。最初は『沼田藩土岐氏と明智光秀』である。ブームに乗ってではあるが関東では珍しいので期待したが、コーナー展だったのでがっかりした。すっかり企画展示室と思っていたが、常設展示室の一区画であっ 続きを読む

 沼田市から戻る形で今回のメインである『大新田氏展』を見てきた。大がつくし県立なので期待していた。新田義貞展としない理由が知りたかった。でも、39歳で若死にしており史資料も乏しいので、義貞を含む新田氏にしたのかもしれない 続きを読む

 友人と少し足を延ばして沼田市まで行った。今月7日にオープンしたばかりの開館記念企画展としての『土岐の殿様資料展』の見学である。沼田藩最後の藩主である土岐家の子孫が沼田市に寄贈した資料を主に51点で構成されている。古文書 続きを読む

今回のメインの見学先で、タイトルは『織田信長と上野国』である。天正十年(1582)武田勝頼を滅ぼした信長は上野を支配下に置き、家臣の滝川一益が厩橋城を拠点として統治した。しかし、三ヶ月後に本能寺の変で信長が倒れると、北条 続きを読む

リニューアル後にグランドオープンしたということでさっそく見に行った。タイトルは『綺羅美耀』である。特別展、企画展でなく、特別収蔵品展である。サブタイトルは「武士の時代の名宝」であり、中世近世の武家関連のものを県内各地から 続きを読む

館林市には何度も訪れており、この館もたびたび見学している。今回の展示である『秋元家の歴史と文化展』は開催時から知っていたが、なかなか機会がなかった。先に見た友人からは図録がないと聞いておりまた収蔵資料展ということなので、 続きを読む

らも二度目である。『井伊家と安中展』とあるように大河ドラマ関連である。しかし、なぜ安中市なのか。井伊直政の次男が封じられた彦根藩が本家と思われがちだが、本来は長男の直継(直勝)が嫡流であって元和元年(1615)に初代の安 続きを読む

先日、友人から『玉村町の環濠屋敷と城館展』の解説書をもらった。これを読んだら見に行きたくなった。展示の最終日になんとか見学出来た。なんとかという訳は交通の便が悪い所にあるからである。それは後述することとする。玉村町文化セ 続きを読む